心理カウンセラー小林宏暢監修

認知行動療法の解説


認知行動療法の流れ

認知行動療法の流れ(1セッション)

※セッション例


1.現状の確認やホームワークの確認を行います。
  ↓
2.その日のテーマを決めます。
  クライアントが話したいテーマや、カウンセラーが取り込みたいテーマなどを話し合います。
  ↓
3.テーマにそって話し合います。
  話をしているうちにクライアントの感じていることや、
  考えが言葉やイメージとなって出てきます。
  ↓
4.何が引き出されたか、クライアントとカウンセラーで確認します。
  認知・感情・行動・身体の区別をつける。
  ↓
5.認知・感情・行動・身体に悪循環があるようであれば、それについて話し合います。
  ↓
6.悪循環から抜け出すためにできることはないか話し合います。
  具体的な対策(心理的対処)を一緒に考えます。
  ↓
7.その日の話し合いに沿って、次回までの課題を決めます。



認知行動療法では身近で具体的な出来事の原因・経過・結果を元に、どのような方法や考え方が良いのか検証する方法を行います。
それは、自分自身が今後、どのような行動、考え方をすればよいのかの修正です。
そうする事によって、似たような事が起こったときの対処法や、元々の認知の歪みの修正を身につけていくことが可能です。


リンク

リンクに関して

●このページの先頭へ

●TOPページへ

Copyright(c)2010-2017 東京渋谷【恵比寿メンタルカウンセリング】 All rights reserved.
当サイトに掲載されている内容を無断で複製・転用・転載などは固くお断りします

google